クラゴン部屋


クラゴン部屋アレ場所
Don’t Think! Just Feel!!


稽古内容 募集人数 料金
DAY1 10月16日(金) アレをアレ入門
■超荷重ブレーキング復習
■抜きブレーキ復習
■アレをアレ入門&体験
■究極ドライビング「アレをアレ」親方外見

20名
19,800円

DAY2 10月17日(土) アレをアレ鍛錬壱
■アレをアレ 特訓壱
■車学入門車座 アレをアレ質問タイム
20名 21,000円
DAY3 10月18日(日) アレをアレ鍛錬弐
■アレをアレ 特訓弐
■車学入門車座 未定

20名 22,000円
エントリー日数&料金、募集人数、募集開始日時です
DAY1+2+3 3日間エントリー
9月24日(木)22時募集開始です
20名 59,800円
DAY1+2 2日間エントリー
9月26日(土)22時募集開始です

20名 39,800円
DAY2+3 2日間エントリー
9月26日(土)22時募集開始です
20名 41,800円
DAY1or2or3 1日のみエントリー
(アレ場所経験者のみ可)9月28日(月)22時募集開始です。

募集人数と料金は
上記表をご覧ください。
アレをアレの解説&実戦編です。とにかくアレをアレしまくります。
※アレ場所には参加規程、並びに守秘義務があります。
※温泉稽古ご希望の方はエントリーフォームのチェックをお忘れなく!
※2日間エントリーの方は参加希望日を明記してください。1日のみはアレ場所経験者のみ可です。
※番付審査で初伝以上の弟子は優先的にご参加いただけます。
開催場所
DAY1/2/3 リンクサーキット
福島県福島市大笹生字台山2-2 TEL024−549−4460
アレ場所の指南

アレをアレします。



「まるで推理小説のような謎解き」

「コレは反則」

「クラゴン部屋の稽古はアレ場所のために存在するッ!」

「もうアレをアレ以外考えられません」

「モヤシッ子だったボクがこんなにムキムキに!」



と、訓練された弟子のみなさんに大好評のアレ場所です。

最後のはブ○ワーカーです。若い人は知らん。「まったく 簡 単 だ」。

アレをアレは、ニュルブルクリンクの最速クラスで速さと安定性を実証した、世界最先端にして究極のドライビング法です。ミハエルマン、ハミルトン、フェッテル、ルクレールの速さの秘密もアレをアレで説明できます。

才能、モチベーション、たまたまマシンが速い、などと言われがちなモーターレーシングのパフォーマンスにおいて、ドライビングについてここまで具体的に解明したのは、クラゴン部屋以外にどこもありませんたぶん。

先入観なく、曇りなき眼で、真の心を持って、ウキウキの気持ちで稽古にお越しください。

親方は全開かつ全力でアレをアレを披露&指南します。


稽古の進行、安全性などは春場所、夏場所と基本的に同じです。やることはかなり難易度が高いですが、だから危険だということではありません。参加資格を満たしている弟子のみなさんは、ぜひお越しください。

究極のドライビングを楽しみましょう。

守秘義務のアレ
アレをアレはクラゴン部屋の極秘事項であるため、守秘義務契約があります。

壱、稽古当日、守秘義務誓約書に署名&捺印をしていただきます
弐、一切の例外なく、アレをアレの内容について人、モノ、動物に伝達することを禁じます
参、ご自分の最もハズカシイ秘密と同じ扱いをしていただきます
四、破った弟子は公開プレイの刑に処します(笑)


上記項目に納得できない方は、絶対にエントリーしないでください。クラゴン部屋は公共団体でも非営利団体でもなく営利個人です。ドライビングの本質=職業上の秘密でもあります。門外不出の内容を師弟関係の元に指南致しますので、ご理解の上でエントリーをしてください。

アレをアレを実践しているドライバーはもちろん他にもいますが、誰にでも鍛錬できる形にしたのはクラゴン部屋です。ぜひアレを理論的にも実践的にも楽しんでほしいんですが、それはヒミツを守れる弟子であることが条件です。

つまり、秘密にしたいことまで指南しちゃうということですから、ぜひご期待ください。

参加規程のアレ
アレ場所は、かなりキワドイ進行、ちょっと難易度の高い稽古内容、難易度の高い解説を伴います。そのため参加規程があります。

※過去1年以内にクラゴン部屋2回(2日)以上参加(うち1日はリンクサーキット稽古必須)
※過去2年以内にクラゴン部屋3回(3日)以上参加(うち1日はリンクサーキット稽古必須)
※過去2年以内にクラゴン部屋5回以上参加(リンクサーキット経験なし)
※過去3年以内にアレ場所に参加

今年は新型コロナで稽古も少なめですし、上記のうちひとつを満たしていれば参加OKとします。つまり
残暑場所2日間参加の方はOKリハ場所+何かの稽古1日で参加OK。今年は稽古に来てしていなくても、去年アレ場所資格を満たしていればOK。リンクサーキットの稽古には来ていなくても、クラゴン部屋に5回来ている方はOK。2017年以降にアレ場所に来たことがある方はOKです。つまりクラゴン部屋や進行についてわかっていて、稽古についてこられればOKということで。リンクサーキット経験がない方はけっこう難しいとは思いますが、3日あれば何とかなる…かも(笑)。

この規程を満たす方なら「アレをアレ」も「守秘義務」も、正しいニュアンスで楽しんでいただけることでしょう!

アレ裏話
アレをアレ誕生の最初の最初のアレは2005年までさかのぼります。十勝24時間でご一緒したマルコ・アピチェラさんが速くて速くて。元F1ドライバーをつかまえて速いなんてのも失礼な話ですが、そのナゾがわかりそうでわからなかったんですよ。

その後、ある取材で真のニュルマイスターであらせられる、あの御方の後ろを走る機会がありまして「オレの求めるドライビングはコレだ!」とアレしてしまったわけです。

それからはひたすらその究極ドライビングを再現しようと取り組みました。これが2006年くらい。

そして2008年くらいに、その過程で藤田所長が「クラゴンのソレはアレだネ!」と発掘してくださったのでした。

と、これくらい時間をかけて、しかもお彼岸のニュルで鍛錬を積んだ結果、指南できるようになったのが「アレ」です。

宿泊について
新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、クラゴン部屋での受付はしておりません。飯坂温泉、土湯温泉など温泉街がありますし、福島市内には安いビジネスホテルもありますので、各自ご予約ください。当日のスケジュールは8時開場〜9時受付〜9:30走行開始を予定しています。

クラゴン部屋にはじめて申し込む方はこちらから⇒ 稽古申し込みの流れ
参加経験のある方は直接エントリーフォームへ⇒
(質問も受け付けていますのでお気軽にどうぞ)
エントリーフォーム

稽古の詳細イメージはコチラ

⇒リンクみちのく巡業



■ドライバーの準備
・ヘルメット…BELL、Araiなど、信頼できるブランドのフルフェイス。半キャップは不可です。
・グローブ…指の出ていないもの。ドライビンググローブではなく、レーシンググローブを探しましょう。
・長袖長ズボン…ケガを防ぐために、肌の出ない服装をご用意ください。レーシングスーツ推奨です。


■クルマの準備
・車検に通らない車高、音量のクルマは基本的に走行不可です。
・あまり爆音だと無線が聞こえにくくて損をするかもしれません。
・リンクサーキットはブレーキへの負荷がけっこうあります。オイル交換、ブレーキパッドの残量チェックなどお忘れなく!
・できるだけトラブルが出ないように、事前のメンテナンスをオススメします。
・半年に1回、3か月に1回など、走行の頻度に応じて定期的にガレージメンテナンスを受けましょう。
・できるだけ満タンに近い状態でサーキットにお越しください。地元のスタンドは朝早いと開いていない可能性があるので、高速の最後のサービスエリアでの給油をオススメします。



戻る